施設種類

認知症対応型共同生活介護 (認知症高齢者グループホーム)

グループホーム

 

共同で生活しながら日常生活の介助や機能訓練を行うサービスです。

要支援2から要介護5の認定を受けられた認知症の入所者9名と介護職員(スタッフ)で共同生活を営みながら症状の進行を緩やかにし、安定した健やかな生活を送れるように支援します。家庭的で落ち着いた雰囲気の中で、食事の支度や掃除、洗濯などの作業を共同で行います。


サービス内容

施設サービス計画(ケアプラン)に基づき、協力医療機関の指導や援助を受け、安心・安全の介護や、日常生活上の支援を行います。

 

ケアプランの作成

利用者さまが自立した日常生活を営むことができるように施設サービス計画(ケアプラン)を作成し支援する上で解決すべき課題に向けて取組みます。

日常生活の支援・介護

身体状況に配慮した食事を一緒に作るまたは提供する。入浴または清拭。入所者の状況に応じた排泄介助。

リハビリテーション

ここに内容が入ります。ここに内容が入ります。ここに内容が入ります。ここに内容が入ります。

健康管理

併設または協力医療機関等による健康状態の確認や管理を行っています。緊急時等、必要に応じて主治医、併設または協力医療機関等と連携し、訪問診療や受診など対応をお願いしています。

相談および援助

入所者およびそのご家族から受けた相談への対応やアドバイス。


認知症高齢者グループホーム


[Point  1]

一人ひとりに合わせた「自立支援」

真心を込めたサービスで信頼関係を築きながら「個性を尊重した自立支援」を実践しています。

[Point  2]

第二の我が家を目指す安らぎの住環境

対話やレクリエーションの楽しみと個人のプライバシーを両立させご本人の意思による安らぎある生活を提供しています。

[Point  3]

協力医療機関による安心の介護体制

医療機関との提携により安心した生活をご提供いたします。


対象施設