施設種類

入所リハビリテーション・介護予防入所リハビリテーション

入所リハビリテーション・介護予防入所リハビリテーション

 

施設内に入所されている利用者様に対し、必要なリハビリテーションを提供します。

当荘に入所された利用者様に対し、日常生活の自立を目標としたリハビリテーションを行い、心身機能の維持・回復・向上をはかりながら、最終的には在宅での生活に戻れるよう支援を行います。医師・看護士・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・介護職員などの専門家の指導の下で本格的なリハビリテーションを受けることができます。


サービス内容

理学療法・作業療法・言語療法により心身機能の回復をはかり、日常生活動作能力の自立性を促します。

 

短期集中リハビリ

短期集中リハビリテーション:新規入所の方に3ヶ月間、週5日程度のリハビリを行う。1回20分を目安。

理学療法

基本的な動作能力・身体機能の維持・向上をはかります。運動(寝返る、起き上がる、座る、立ち上がる、歩くなど)による機能訓練、温熱療法などを行っています。

作業療法

応用的な動作能力・社会適応能力の回復をはかります。日常生活動作(食べる、排泄する、着替える、身だしなみを整える、入浴するなど)の訓練を行っています。また作業療法の一環として中庭での園芸や手芸、料理なども行っています。

言語聴覚士

音声機能、言語機能、嚥下機能に障害を持つ人の機能向上をはかります。食べ物を飲み込む(嚥下:えんげ)、言葉を話す・聞く・書く・読むなどの訓練を行っています。


対象施設