施設種類

介護老人福祉健施設(特別養護老人ホーム)

介護老人福祉健施設(特別養護老人ホーム)

 

個人の能力に応じた自立を目指した日常生活を営むことができるよう支援する施設です。

介護保険の要介護認定で要介護3、4、5と認定された要介護者で、 寝たきりや認知症などで日常生活全般にわたって一時的または常時介護を必要とし、ご自宅での生活や介護が困難な高齢者の方などを対象としています。 食事や入浴、排泄といった日常生活上の介助や日常生活動作訓練、健康管理等を行います。在宅生活を継続するためにショートステイもできます。 ショートステイは要支援1、2介護1、2の方も対象です。 4人部屋、2人部屋、個室とお選びいただけます。専門的スタッフで一人ひとりのニーズにお応えした個別ケアを行います。


サービス内容

施設サービス計画(ケアプラン)に基づいて、利用者さまが健康で安全に楽しく生活して頂けるよう日常生活上の支援を行います。

 

ケアプランの作成

利用者さまが自立した日常生活を営むことができるように、施設サービス計画(ケアプラン)を作成し、支援する上で解決すべき課題に向けて取組みます。

日常生活の支援・介護
身体介護

生活のリズムを考え、できる限り離床に配慮し、清潔で快適な毎日が送れるように、利用者さまに合った介護を提供します。[管理栄養士による身体状況に配慮した食事を提供/入浴(機械浴・一般浴)、清拭/利用者さまの状況に応じた排泄介助]

機能回復訓練

機能訓練指導員による日常生活動作訓練。心身の状況等に応じて、日常生活を営むのに必要な機能の回復、または低下を防止するための訓練を行います。

健康管理

施設の医師および看護職員は、常に利用者さまの健康の状況に注意し、必要に応じて健康保持のため適切に対応します。

相談および援助

利用者さまおよびそのご家族から受けた相談への対応やアドバイスを行います。

 


対象施設